ぎっくり腰にはじめてなったら

驚くべき事ですが、現代医学では、ぎっくり腰の症状は原因が解っておりません。その中で医療の現場では治療がなされているのです。しかし、腰に原因が無いとしたら、はたして痛みの症状は腰を治療したとしても改善は見込めるのでしょか?もちろん医学は偉大です。痛みも薬には勝てず鎮静化するでしょう。しかし、臭い物に蓋をする考えでは再び激痛を伴うぎっくり腰の症状が繰り返し、治療は困難を極めるのではないでしょうか?しっかりとぎっくり腰の症状の原因を突き止めた治療を受けられる様になることを切に願います。一方でぎっくり腰の症状はコルセットを巻くと楽になる様です。コルセットは体幹をサポートします。ぎっくり腰の症状を体幹の機能の乱れだと仮定し、原因を体幹に関わる筋ユニットの崩壊であるとして治療した場合はどうなのでしょうか?骨や筋肉には異常が無く、脳から始まる筋連携の異常である場合、コルセットを用いた治療はぎっくり腰の症状のサポートになり、運動療法などの治療により、運動プログラムが正常化されることにより、ぎっくり腰の症状は改善されていくのでは無いでしょうか?私は施術家として施術の現場を8年以上、そしてぎっくり腰の症状を千件以上みてきましたが、体幹を正常に機能させることにより、痛みにより動く事の出来なかった患者の8割以上を一度の施術で改善できています。その経験からぎっくり腰の症状で困っている方達の一刻も早い回復を願いここに提言させていただきます。さらにぎっくり腰とほかの腰痛とではなにがちがうのでしょうか?現代医療の現場ではさきほども出ましたが、腰痛の85%が原因不明なのだそうです。病院に行っても腰の筋肉を検査したり、湿布などの薬が出てくるだけの対処療法であり、根本的な解決には至らないと思います。ぎっくり腰や急性の腰痛はとても緊急性のある症状ですので、まずは根本的な原因である体幹の機能回復させ、日常生活や仕事などの支障のない状態に一刻も早く戻すことこそが優先されるべきです。健康であり、身体に不安のない人生を送るために、原因にもとずく、腰痛やぎっくり腰のリテラシーを高める事が求められます。

なったら

まずはぎっくり腰になった時、どうしたらいいのか?まとめてみました。こちらからどうぞ!

ぎっくり腰

はたして私はぎっくり腰なのか?素朴な疑問をまとめてみました。こちらをお読みください。

原因

ぎっくり腰の定義と原因をまとめてみました。こちらをお読みください。

だめ

もう二度とぎっくり腰なりたくない人のためのまとめです。こちらをお読みください。

ぎっくり腰撲滅委員会

ぎっくり腰撲滅委員会を設立します!!

ぎっくり腰撲滅委員会をお読みください。

はじめてぎっくり腰になると、今までにない大変な経験をしていると思います。焦らず、安心して、正しい情報と高いリテラシーを持ってぎっくり腰の克服してください。

ヒント

  • ぎっくり腰はなにもしなくとも1~2週間で治る!!
  • ぎっくり腰は腰に原因がない!!なぜならばコルセットが有効であるから!
  • ぎっくり腰は温めた方が治りが早い!!お風呂が一番!!

治療を受けるときは、施術者にぎっくり腰の原因を問いただしてください。もし痛みの出ている腰ばかり施術するようならば、原因に適切なアプローチができていませんので、改善に時間が掛かってしまいます。

更に最悪なのが腰を揉んだり、マッサージしてしまうことなのです。

ぎっくり腰なら腰を揉むな!!マッサージ★絶対★ダメ!!

ぎっくり腰リテラシーを高め、ぎっくり腰を最低限、悪化させないよう気を付けてください。

そしてまずは、ぎっくり腰の対処方法、

ぎっくり腰になったらどうしたらいいのか?をお読みください。